HOME セミナー 金の展望〜2022年のマーケットを亀井氏が徹底分析〜
岡地セミナー情報

金の展望〜2022年のマーケットを亀井氏が徹底分析〜

東京・本店
  • 著名講師セミナー

亀井幸一郎氏が2022年のゴールドマーケットを徹底解説いたします。

本セミナーは終了しました

※ 当セミナーは、商品先物取引の勧誘を目的としており、ご来場のお客様に当該商品の説明やご案内をさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

タイムテーブル

コロナウイルス対応 ・ 当セミナーは参加者の距離を空けるため、人数を制限し、開催します。マスクの着用・手指の消毒・検温のご協力をお願いし、感染対策を行った上で、開催します。
・ 新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、本セミナーの開催を中止または延期させていただく場合がございますので、予めご了承の上お申し込みください。なお、中止または延期となる場合には決定後速やかにメールにてお知らせいたします。
・体温が37.5度以上の方は、入場をご遠慮させていただきます。
【開場・受付】12:30〜 講演30分前 セミナーの受付を開始します。
【第1部】13:00~14:30 90分 「新春 金の展望」 〜2022年のマーケットを徹底分析!!〜
講師:亀井 幸一郎氏(金融貴金属アナリスト)

セミナー概要

セミナー名称 金の展望〜2022年のマーケットを亀井氏が徹底分析〜
日時 2022年2月5日(土)
13:00~14:30(質疑応答あり)
会場 岡地株式会社 東京本店
東京都中央区日本橋小網町12-5

・地下鉄 東西線 茅場町駅 徒歩5分
・地下鉄 日比谷線 人形町駅 徒歩5分
・地下鉄 半蔵門線 水天宮前駅 徒歩5分
地図
募集人数 先着40名様
参加費用 無料
コロナウイルス対応 ・ 当セミナーは参加者の距離を空けるため、人数を制限し、開催します。マスクの着用・手指の消毒・検温のご協力をお願いし、感染対策を行った上で、開催します。
・ 新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、本セミナーの開催を中止または延期させていただく場合がございますので、予めご了承の上お申し込みください。なお、中止または延期となる場合には決定後速やかにメールにてお知らせいたします。
・体温が37.5度以上の方は、入場をご遠慮させていただきます。
問い合わせ 岡地株式会社 本店 
電話:0120-952-571

講師紹介

亀井 幸一郎

亀井 幸一郎 氏

金融貴金属アナリスト
マーケット ストラテジィ インスティチュート 代表取締役

1979年中央大学法学部卒業。山一證券に8年間勤務後、1987年投資顧問会社MMI入社。金市場ニューズレター担当。92年ワールド ゴールド カウンシル(WGC/本部ロンドン)入社。企画調査部長として経済調査、世界の金情報の収集、マーケット分析、市場調査に従事。2002年現職。「史観と俯瞰」をモットーに金融市場から商品市場、国際情勢まで幅広くウォッチしている。時事的な題材を切り口に分かりやすく金融経済を語ることで知られ、その分析は市場関係者の間でも評価が高い。

  • 商品デリバティブ取引を行う場合は委託者証拠金等の預託が必要になります。最初に預託する額は商品によって異なりますが、最高額は1枚あたり通常取引2,445,000円(2024年4月22日現在)です。また委託者証拠金は、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になることがありますので注意が必要です。但しその額は、商品や相場の変動によって異なります。商品デリバティブ取引は、相場の変動によって損失が生ずるおそれがあります。また、実際の取引金額は委託者証拠金額のおおむね10倍から70倍という著しく大きい金額のため、損失額が預託している委託者証拠金の額を上回ることがあります。
  • 商品デリバティブ取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なりますが、最高額は、最低取引単位(1枚)あたり往復76,560円(2024年4月22日現在)です。手数料額は相場変動により増減する場合があります。
  • お取引についての御相談窓口
    当社東京管理本部 顧客サービス担当
    電話03-5540-8422 受付時間:平日08:30~17:30
  • 証券・金融商品あっせん相談センター https://www.finmac.or.jp
  • 日本商品先物取引協会 相談センター https://www.nisshokyo.or.jp
  • 当社の企業情報に関するディスクローズ資料は当社本・支店及び日本商品先物取引協会で開示されています。
  • 許可番号
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3296号
    商品先物取引業者 農林水産省指令4新食第2087号
    経済産業省 20221207商第6号
  • 加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会